ゲルマニウムのお話し

有機ゲルマニウムと無機ゲルマニウム

バストアップナノカプセル、バストの悩みから解放される幸せを味わってほしい。そんな願いが、込められています。

2つのゲルマニウム


現在私たちの身の回りにあるゲルマニウムはすべ鉱石から作られたものでしょうか?実はそうではないのです。
ゲルマニウムには、無機ゲルマニウムと有機ゲルマニウムの2つがあり、 現存するゲルマニウム製品もそのどちらかが使用されたものです。 このページではそんな2つのゲルマニウムについて調べたことを綴っていこうと思います。

無機ゲルマニウム

無機ゲルマニウムは、地球の地殻に広く分布しており、ほかの元素の中(主に石炭や銀など)に少量ずつ存在しています。金属ゲルマニウムとも言われ、半導体としての性質を利用して IC 機器や医療器具として使われています。また、無機ゲルマニウムは、皮膚面と接触するだけで、痛みやコリに大きな効果を発揮し、「老化を防ぐ」「免疫力を高める」といった効果があるとされ、主にブレスレットやネックレスなどの身につける製品に多く使われています。

有機ゲルマニウム

有機ゲルマニウムは、漢方薬の原料になる植物に多く含まれています。朝鮮人参や霊芝、サルノコシカケ、ニンニクなど、昔から体によいとされたり、薬膳などに使われたきた薬用植物には、多量の有機ゲルマニウムが含まれています。サプリメントなどの直接口に入れる製品には有機ゲルマニウムが使われています。
また、フランスにある「ルルドの泉」には多量の有機ゲルマニウムが含まれており、奇跡の水として有名です。

大きな違い

無機ゲルマニウムと有機ゲルマニウムの大きな違いといえばやはり水溶性であるか、そうでないかになります。有機ゲルマニウムは水溶性のため、体内に入れても吸収から排泄までスムーズに行われます。では無機ゲルマニウムを体内に入れるとどうなるのでしょう?

注目サイト

2018/11/9 更新

Copyright (C) 2008 ゲルマニウムって何?. All rights reserved.