ゲルマニウムのお話し

有機ゲルマニウムの力

とっても優秀な有機ゲルマニウム

「有機と無機」でも有機ゲルマニウムの特徴について解説しましたが、やはり一番大きな特徴は「水溶性」であることでしょう。
水溶性ではない無機ゲルマニウムに対し、有機ゲルマニウムは吸収から排泄までをスムーズに行うことができます。
そのため、体内に入っても人体に悪影響を及ぼすことがなくゲルマニウムの効能をそのまま使うことができるのです。
サプリメントやゲルマニウム入りの飲料水にはこの有機ゲルマニウムが使用されています。

有機ゲルマニウムの効能

インターフェロン誘発

インターフェロンとは私たちの体内に、ウイルスなどの病原体や腫瘍細胞入り込んだ時に、細胞が出すタンパク質のことで、ウイルスをやっつけたり、腫瘍細胞の増殖を抑える (抗がん作用) 働きを持っています。

このインターフェロンが体内で作られる量が減ったり、まったく作られなくなってしまうと、免疫力が低下して感染症など、色々な病気にかかりやすくなってしまうのです。

有機ゲルマニウムは、インターフェロンを出す細胞を刺激して、体内でインターフェロンが作られるのを助ける働きがあるとされています。
また、薬とは違い副作用があるわけではないので、普段から摂取することで健康維持にも繋がるとも言われています。

Valuable information

中央区で不動産売却をご検討中ならここ!

Last update:2017/11/10

Copyright (C) 2008 ゲルマニウムって何?. All rights reserved.